知りたい!医療脱毛の効果

医療脱毛の豆知識や疑問点をまとめました

医療脱毛は何回で自己処理のいらないお肌になれる?

自己処理のいらないお肌 医療脱毛では、部位によって違うのですが、個々の毛周期の寿命と毛周期によって、自己処理のいらない肌になるまでの期間が変わってきます。
まず、各部位の毛周期寿命ですが、顔は6カ月から1年6カ月、わきが1年から2年6カ月、腕や足が6カ月から1年6カ月、VIOが1年から2年と言われています。そして、これらの毛周期は、顔は、1カ月から2カ月、わきが2カ月から3カ月、腕や足が2カ月、VIOが1カ月半から2カ月と言われています。
この毛周期に沿って、医療脱毛をするのですが、各部位が何回で脱毛が完了するのかというと、個人差がありますが、顔は、3回から10回で平均8回、わきは、3回から10回で平均7回、腕や足は、3回から7回で平均5回、VIOは、3回から7回で平均5回なのですが、思春期の場合、毛周期が長くなることがあり、その場合には、10回以上だったり1年以上脱毛にかかる場合があります。
このように、部位によって脱毛回数は変わるのですが、医療脱毛は自己処理のいらない肌に導いてくれいますので、お薦めです。

医療脱毛でやっておくと便利な脱毛部位はどこ?

医療脱毛でやっておくと便利な脱毛部位はどこ? 医療脱毛は、医療機関で行う脱毛のことで、美容外科などのクリニックで行うことができます。医師がお肌の状態を診察し、毛の状態も確認した上で施術に入る為、自分に合った脱毛を受けることができます。
医療用のレーザーで毛根を破壊することで、毛が生えることができなくなるので、確実な脱毛です。医療脱毛はとても効果のある脱毛です。多くの人は、ワキの施術を希望します。確かに、ワキというのは、処理するのがマナーとして定着しているので、脱毛の施術部位の中でも人気のある部位です。
ワキ以外にも、腕や脚といった部位も自己処理をしなくて済むので便利です。最近は、デリケートゾーンの施術の人気も高まっています。生理時も快適に過ごせることができるからです。
また、顔には濃い毛は生えていませんが、医療脱毛することで産毛がなくなり、メイクのノリも良くなるのでとても便利です。日本人は産毛であっても黒いため、脱毛すると顔色が明るくなります。

新着情報

◎2017/11/2

脱毛前と脱毛後
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイトを公開しました

「脱毛 便利」
に関連するツイート
Twitter